日焼けして出来たシミを薄くするよりも、シミができないようにあらかじめ対策を施したり、お肌の奥に隠れているシミの種を防御することの方が大事だということをご存知でしょうか。
美容外科(Plastic Surgery)が損壊などのない健康な身体に外科的処置を付け加える医療行為であるにも関わらず、リスク管理や安全性の確立が足りなかったことが一つの大きな因子だと言われている。
ドライ肌というのは、お肌の角質の細胞間脂質と皮脂分泌の量が水準値よりも低下することで、表皮にある潤いが蒸発し、お肌がパリパリに乾燥してしまう症状なのです。

レチノイン酸療法は、頑固な色素の強いシミを数週間という短期間で淡色にして目立たなくするのにことのほか有用な治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・30〜40代の女性に多い肝斑(かんぱん)・赤く残ってしまったにきび跡などに効果的です。

アトピー性皮膚炎とは、いわゆるアレルギー反応と関わっている事の内、肌の強い炎症(発赤・掻痒感など)が伴うもので要は皮ふ過敏症の仲間である。
美白もしくはホワイトニングは、黒色色素の沈着が少ない、より明るい肌を志すという美容分野の価値観、あるいはそんな状態の肌のことを言う。
大抵は顔の肌について採用されることが多い。